《北海道青少年叢書―北国に光を掲げた人々―の発行》

1 発行の目的・内容 
  この事業は、北海道の開発・発展の原動力となった各分野の先人の生き方や業績
 等を青少年に提供することにより、本道の未来を託す青少年が成長する上の糧とし
て役立つことを願い、叢書として毎年発 行しており、道内の中学校、高等学校、特別
支援学校に寄贈しているほか、図書館、公民館等にも寄贈してきております。

2 叢書の対象 
  中・高校生用の読み物として発行

3 叢書の主な寄贈先(道内)
 ・すべての国・公・私立中学校、高等学校、特別支援学校
 ・図書館、公民館、青少年教育施設
 ・道、市町村教育委員会

4 発行実績

  書         名  執筆者 
第  1集   ・育て伸ばして教育に捧げた人生…… 佐藤麟太郎
・より広く激しく熱中することの喜びを… 笠谷 幸生
・絵筆も凍る寒さに耐えて……………… 国松  登 
松本 達雄   
第  2集   ・永遠の若さに生きる作曲家……………八洲 秀章
・森に鳥の声を聴く………………………井上 元則 
松本 達雄  
第  3集  ・根室半島に育つ「一粒の麦」……… …高橋周一郎 秋庭 鉄之 
・敬愛自尊の人「天秤」に賭ける……… 安宅 文雄  松本 達雄 
第  4集  ・「言葉づかい」の正しさを求める人……山崎 孝一  松本 達雄  
・土に生きる…………………………… 池川 義雄 
第  5集  ・人仕事を作り仕事人を創る ………… 谷川  伸   松本 達雄  
・激動の世に新しい郷土を創る ……… 玉手 忠男 
第  6集 ・オホーツクのへき地から日本の商店界王に…… 中山大五郎  富岡 木之介 
第  7集 ・北海道医師会の父……………………松本剛太郎  富岡 木之介 
第  8集 ・現代書の父……………………………金子 鴎亭  安達   整 
第  9集 ・モニュマン彫像の先覚者…………… 本郷  新  富岡 木之介 
第 10集 ・自然との対話ひとすじ…………………田辺三重松  安達  整 
第 11集 ・サロマ湖のホタテ漁業に夢をかけた人たち  安達  整 
第 12集 ・銀のしずく 金のしずく…………………知里 幸恵  藤本 英夫 
第 13集 ・神戸から浦河へ来たピューリタン 開拓団「赤心社」の系譜と澤茂吉  荒井 良夫 
第 14集 ・北海道高校野球の父―飛沢栄三先生―  小山 心平 
第 15集 ・森の精霊―樋口一葉賞作家・辻村もと子の短すぎた生涯―  荒井 良夫 
第 16集 ・北の灯台を守る人々  小山 心平 
第 17集 ・エルムの森に咲いた数学の精―桂田芳枝博士小伝―  小山 心平 
第 18集 ・北海道の盲・聾教育の草分け  小山 心平 
第 19集 ・北海道の寒地稲作に挑んだ人―北広島市島松の中山久蔵―  堀内 興一 
第 20集 ・炭鉱―北海道近代史の先駆―  小山 心平 
第 21集 ・温泉開発に命を賭けた…………………美泉 定山  合田 一道 
第 22集 我つらぬかむ 作詩家・橋掬太郎小伝  小山 心平 
第 23集 ・北海道の鉄道のあゆみ〜北のレールウェイ・ストーリー〜  田中 和夫 
第 24集 ・心の球は白球であれ〜久慈次郎の生涯〜  合田 一道 
第 25集 ・北海道酪農のくさわけ  小山 心平 
第 26集 ・「北海道」の名づけ親〜松浦武四郎〜  合田 一道 
第 27集 ・戦後民主主義の指導者 坂西志保小伝  小山 心平 
第 28集 ・郷土を築いた屯田兵 三沢毅の生涯  合田 一道 
第 29集  ・太平洋のかけ橋に 新渡戸稲造の生涯 合田 一道 
・自然保護に尽くした “阿寒の母” 前田光子  佐々木信恵 
第 30集  ・開拓判官 島 義勇、北を拓く  合田 一道 
 第31集 ・時計台を守り抜いた 井上 清 紺谷 充彦 
・ウイスキーを作った 竹鶴政孝 合田 一道 
第32集  ・民謡と歌謡曲の頂点に  三橋三智也の生涯  下山 光雄  
・映画音楽に命をかける  佐 藤  勝の生涯 合田 一道 
第33集  ・ほのぼの漫画で笑いを誘う  おおば比呂司の生涯  佐々木信恵 
・太鼓のロクさん&ア戦す  高田 緑郎の生涯  合田 一道 
第34集  ・人工雪を作り出した 中谷宇吉郎の生涯  紺谷 充彦 
・昭和新山の生成を描く 三松正夫の生涯  合田 一道 
第35集  ・「リンゴの唄」の作曲家 万城目 正の生涯  下山 光雄 
・空と海と大地を詩に 時雨音羽の生涯  合田 一道 
第36集  ・「挽歌」ブームを起こす  原田康子の生涯  佐々木信恵 
・「氷点」が問いかけるもの  三浦綾子の生涯  合田 一道   

[トップページ]